葬儀の火葬の流れ

葬儀の火葬の流れについて

一般的な葬儀の流れについて

一般的な葬儀の流れについての説明です。現在では最初から最後までの段取りをセンターでやってくれるので、任せてしまうのが一番安心です。通常前日の夕方からお通夜があります。そして当日は出棺の準備から始まり、出棺をし、そのまま斎場に向かいます。そして斎場で火葬され、その後骨壺や位牌と共に、葬儀会場に戻ります。火葬に同席した親類縁者などには、待っている間お昼やお茶を出すなどして、もてなします。会場に戻ってから、タイムスケジュールに沿って、告別式が行われ、おときの席などが設けられます。全てプロが進行してくれますので、スムーズな流れで、行われます。

葬儀における火葬までの流れ

一般的な葬儀には通夜と告別式、そして火葬を行うといった流れがあり、あらかじめ頭に入れておくといざという時に慌てずに済みます。告別式の後は納棺を行い、祭壇から棺を下ろし最後のお別れとして、飾られていた花や故人の愛用していた品物などを棺に入れ、蓋をすることでお別れになります。その後出棺となり、およそ1時間ほどで火葬は行われその後骨上げを行い、一般的な葬儀は完了となっています。形は様々に変化している現代ですが、そういった流れはどんな形でも行われるものですので、その時の状況に合わせた対応が必要になってきます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の納棺と流れについて All rights reserved