葬儀の式の進め方

葬儀の式の流れを知る

葬儀の流れと手順について

葬儀は準備期間が短く、やるべきことがとても多いものです。流れを把握して滞りなく進めることが大切です。まず、病院もしくは自宅でのでの臨終のあと遺体を搬送します。これは自宅の場合と告別式会場の場合があります。そして今後の打ち合わせ、納棺をしてお通夜を営みます。次の日に告別式をすることが一般的で、それが終わると火葬して骨上げをします。その後遺骨法要をして遺骨とともに自宅に戻ります。このような流れの中で細かな手続きや、参列者への挨拶など、遺族のやるべきことはたくさんあります。家族が亡くなるという精神的なショックの中でしなければならないので、葬儀社のアドバイスや協力を得て、故人が安心して永遠の眠りにつけるようしっかりとやる必要があるのです。

仏式の一般的な葬儀の流れ

葬儀の進め方は仏教の場合宗派によって流れが違ってきます。式の前に僧侶に作法をうかがってスムーズにお見送りができるようにすることが大切です。一般的な進行を紹介すると30分前に受付を開始し、一同が着席をして導師が入場します。司会者が開式の言葉を述べて、導師による読経が始まります。読経が終わると弔辞や弔電の披露が行われ、次に焼香が行われます。導師が退場した後で、最後のお別れを行います。出棺を前にして喪主が生前の厚誼に対するお礼を述べて、司会者が葬儀がこれで終わった旨の言葉を述べていきます。これが人が亡くなった時の、一般的な流れになっています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の納棺と流れについて All rights reserved