葬儀と通夜の流れ

葬儀と通夜の流れの違いとは

葬儀で通夜に参列する場合の流れ

告別式などの葬儀を行う前に通夜を行うことが多いです。流れとしては、病院などでご臨終となった場合葬祭を取り扱う会社に連絡をし、自宅か会場にご遺体を運んでもらうようになります。その後安置され、通夜に向けての準備が始まります。準備の段階で、葬儀会社の方で流れをすべて説明してくれるので戸惑うことはありません。次の日以降の告別式に向けどのくらいの人をお呼びするか会葬御礼品はどうするかなどを考えます。告別式だけでなく、亡くなって安置した場合も僧侶の読経やお焼香はあるので、寺院への連絡も忘れないようにします。

通夜のおおまかな流れ

通夜は本来、故人と関係の深い人たちが集まり、遺体に夜通し付き添って別れを惜しむプライベート色の強いものです。しかし最近では寺やセレモニーホールなどで行われることが多く、葬儀のように一般弔問客も参列することが増えてきました。特に親しい関係でなければ葬儀に参列しますが、ご自身の都合で通夜に参列しても構いません。 今回はいざという時に困らないよう、そのおおまかな流れを確認しておきましょう。 通常は午後6時か7時頃に始まり、僧侶の読経、遺族や参列者の焼香が行われます。その後喪家が弔問客に食事や酒をふるまいます。タイミングを見て退出します。宴席ではないのでお酒が入っても騒がないようにしましょう。これらの流れで2~3時間です。参列する場合は開始時刻の10分ほど前には着くようにしましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の納棺と流れについて All rights reserved