会社の上司の葬儀

会社の上司の葬儀では

会社の上司の葬儀に参加する

会社の上司の葬儀に参加すると、お酒飲み放題、仕事を休めるなどのメリットが期待できます。精進落としの席は来てくれた弔問客へお礼返しの意味があるため、お酒は飲み放題となります。ただ、飲み過ぎると二日酔いになるので注意です。また、仕事を休むことになるので、肉体労働をしている時は助かるはずです。直属の部下だった時は、葬儀の際にスピーチを頼まれる場合があります。何を語ればいいのか悩むかもしれないですが、仕事を教わっていた場面を思い出せばすぐに言葉が見つかります。

現代人に見合った葬式

最近は葬式スタイルも様変わりしてきています。ひと昔前は住宅街などで葬式を挙げている家を見かけた物ですが、今はほとんど見る事はありません。自治体などの斎場で葬儀を行うのが一般的になりつつあります。自宅で行うのは非常に大変で、祭壇を置くスペースの無い家庭も多いです。核家族化により住宅事情もコンパクトに変化しているのです。葬儀を行わない直葬や、親しい近親者のみの密葬にする事も多いです。どんな形でもきちんと見送ってあげましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の納棺と流れについて All rights reserved