葬儀の流れと納棺

葬儀の納棺と流れについて

葬儀前に親族は納棺を見届け

納棺は、通夜から葬儀前の流れの中で、故人への大切なお別れの一つのプロセスとなります。病院などから帰ってきた故人のお清めの施術を施し、装束を着せ替えて棺にお納めするという大切な儀式なのです。今は、その棺の中に親族の皆さまのメッセージを収めたり、最後の親しい人たちの語らいの時間を作ったりもします。そういった流れの中で、話しかけたり、お顔を見つめて記憶にとどめたり、という静かな時間を過ごされるご家族が増えています。通夜から葬儀の間では、来てくださる弔問客の皆さまのお相手をなさるためにあわただしくなりますので、納棺は、ごく親しい皆さまが静かに故人を見送ることができる最後の時間ともいえるでしょう。

納棺の意義と流れについて

葬儀の流れの中で、納棺は遺体安置の後、通夜の前に行われます。故人の身支度をして、生前の愛用の品とともに棺に納める儀式です。多くの参列者が来場する前に、近親者が亡き人と向き合って別れの時間を過ごします。納棺の流れとしては、遺体を拭き清めた後、死装束を着せ、棺に納めます。葬儀スタッフの手によって進められていきますが、死装束を着せる時などは、遺族ができるだけ手伝うようにします。その後、副葬品を棺に納めます。可燃性で燃焼の妨げにならず、有害物を発生しないものを入れましょう。最後に蓋を閉めて、儀式を終えます。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀の納棺と流れについて All rights reserved